チャペルウエディング | いわき市の結婚式場 ハワイアンズホテルウエディング

挙式

チャペルウエディング

チャペルウエディング
Chapel Wedding

日本でただひとつ、ハワイ カウアイの伝統を継ぐチャペルで、永遠の誓いを

結婚式の聖地と言われる「ハワイ カウアイ島」。ここは、かつてハワイ王朝のみが結婚式を許された「シダの洞窟」を擁する神聖な地で、世界的に知られています。
別名「ウェディングアイランド」とも呼ばれ、2人でここを訪れると、「永遠の愛」が約束されるという言い伝えがあります。

そのカウアイの伝統を継ぐ、日本で唯一の聖地が、ハワイアンズの「聖スパークヒル教会」です。
ハワイアンズホテルウエディングでは、「ハワイ カウアイ島のシダの洞窟」で誓いの儀式を司る牧師様をお迎えし、年に一度、永遠への絆の伝承式を執り行います。
挙式を挙げられたカップルには、ハワイ州カウアイ観光局長よりお祝いのメッセージが贈られます。

日本でただひとつ、カウアイの伝統を継承するチャペルで、おふたりの愛を永遠へと導く神聖なるセレモニーを。

ハワイアンズカウアイ島挙式2 ハワイアンズチャペル挙式 ハワイアンズチャペル挙式2

2015年5月、カウアイ島で、初のハワイアンズプロデュースの挙式が執り行われました。
最高のお天気と最高のロケーションに恵まれた、カウアイ島での挙式。
「カウアイ島の自然のなかで結婚式ができたら…」、「こんな素敵な写真撮ってみたい…」。
気になる方は、ぜひハワイアンズホテルウエディングまでお問合わせください。

カウアイ島挙式 photogallery

友好都市 ハワイ州カウアイ島といわき市の絆

ハワイアンズに「聖スパークヒル教会」がオープンしたのは、1986年12月24日、クリスマス・イヴです。
フラの発祥の地と言われるハワイ州カウアイ郡と、ハワイアンズのある福島県いわき市は、20年以上にわたる民間交流を経て、2011年9月、友好協定を締結しました。

その後、カウアイ島といわき市の、不思議な縁と絆を感じる出来事が、起こりました。
2013年1月18日、カウアイ島に大きな黄色いブイが漂着。それは、なんと2011年3月11日の東日本大震災の時に、福島県いわき市小名浜港から流失したブイでした。

約2年間にわたり何千キロも海洋上を旅して、偶然にも姉妹都市のカウアイに流れ着いたブイ。「驚異の旅」を遂げたこのブイは、友好のシンボルとして、カウアイ島西部のポートアーレン港近くに設置されています。

大自然に包まれたロケーション

雄大な緑、爽やかな青空、優しい太陽の光…。
いわき市内随一の高台に佇む「聖スパークヒル教会」は、まるで手を伸ばせば届きそうなほどの青空と太陽の光りあふれる教会です。
挙式は、お2人とたいせつなゲストでつくるオーダーメイドのセレモニー。自然のロケーションを最大限にいかした演出もご提案致します。

大自然に包まれたロケーション
大自然に包まれたロケーション

いわきで一番歴史あるウェディングチャペル

「聖スパークヒル教会」は、1986年12月24日、クリスマス・イヴにオープンした、いわきで一番歴史のあるウェディングチャペルです。
ステンドグラス越しの木漏れ日と、壮厳なパイプオルガンの響き…。牧師の導きのもと執り行なわれるのは、教会本来の正統性を重んじた司式です。
一生涯忘れられないシーンが刻まれていきます。

いわきで一番歴史あるウエディングチャペル
いわきで一番歴史あるウエディングチャペル

カリヨン発祥の地の鐘音

カリヨン発祥の地、オランダの職人が「永遠の絆への祈り」を込めて手作りした、本物の音色を奏でるウェディング・ベル。
清く澄んだ青空に響きわたる幸せの音色が、お2人をご祝福します。

カリヨン発祥の地の鐘音
カリヨン発祥の地の鐘音

幸せのハナレイストリート

カウアイ島の北部に位置する、心休まる静かな風景をもつ街「ハナレイ」。別名「虹が生まれる里」としても有名な場所でもあります。雨上がりの空に美しく現れる虹の七色は、夢・希望・愛・明るい未来など、幸せの象徴として崇められております。
そこで教会へと通じる、南2号館の連絡通路を「ハナレイストリート」と命名し、そこを通る全ての人々の幸せを願います。
また、教会への「幸せの架け橋」は、虹や嫁の架け橋とも呼ばれ、一度渡っただけで、幸福が訪れると言われております。

カリヨン発祥の地の鐘音
カリヨン発祥の地の鐘音
挙式一覧
会場見学・フェア予約
資料請求・お問合せ